トップページ >  認知症疾患医療センター

 認知症疾患医療センター

a認知症疾患医療センターのご案内

 西伯病院では、鳥取県から指定を受け、平成21年4月から認知症疾患医療センター事業をおこなっています。
 本事業では、保健医療・介護機関等と連携を図りながら、認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併症に対する急性期治療、専門医療相談を実施するとともに、地域の保健医療・介護関係者への研修等を行うことにより、地域における認知症疾患の保健医療水準の向上を図ることを目的としています。

a専門医療相談について

・ 認知症に関することで気になることがあれば、まずはご相談ください。
  
ご本人・ご家族・保健福祉関係者等から、いつからどのようなことでお困りか等のご相談を
  電話または面談によりお受けいたします。

・ 専門医の診察の日程調整などを行います。
  また、他の医療機関・介護保険事業所等への紹介も行います。

・ 地域包括支援センターの担当者等と連携を持ちながら、適切なサービスの紹介などを行います。

・ 相談については、精神保健福祉士、看護師が相談に応じます。


a鑑別診断について

認知症かどうかを診断し、症状の進行度合い、対応の仕方等についてご説明し、
さらには今後の治療方針をご本人やご家族と共に選定します。
また、診断の結果、適切な治療や保健福祉サービスを受けられるよう関係機関との連絡調整を行います。
西伯病院では認知症の専門外来として物忘れ外来を行っています。
まずお電話で認知症疾患医療センター(直通0859-66-5269)へご連絡ください。
受診日時などを調整いたします。


合併症・周辺症状への急性期対応
 合併症や周辺症状の初期診断、急性期治療を行います。当院で対応できない場合、必要に応じて連携病院へ紹介いたします。関係機関からご紹介いただいた方には、引き続いて各担当と連携しながらご家庭での介護が円滑に行われるよう支援いたします。

研修会の開催と情報発信
 認知症に関する知識の向上を図るため、地域の保健医療・福祉・介護関係者などの連携を強化するため、研修会、協議会を開催します。また、認知症に関する情報提供を行います。

a利用方法について

  ● 〒683-0323 西伯郡南部町倭397
             
西伯病院地域連携室内

  ● 相談時間 8:30~17:00 (土日・祝祭日は除く)

  ● TEL   0859-66-5269(直通)
         0859-66-2211(西伯病院病 代表電話)

  ● 担当スタッフ 医    師    : 高田 照男(センター長)
              臨床心理士    : 末延 直樹
              看護師長       : 高田 久美
              精神保健福祉士 : 吉川 敦
       (連携担当者不在の場合、地域連携室相談員が対応いたします)